『こどものハノン』上巻の紹介 シンプルな内容でハノン導入にピッタリ!

テクニック教本

ピアノで”指の練習”というと『ハノン』ですよね。私自身も使ってきました。

今は、これを子ども用に分かりやすく、簡単にした楽譜が出版されています。

いくつかある中から、今回は、学研プラスから出されている『こどものハノン』を紹介します。

元祖『ハノン』にもあるリズム変奏の例が、各ページに載っていて、そこがポイントかと思います。

上下巻に分かれていますが、今回は上巻のみ、具体的に詳しくまとめてみます。

新編こどものハノン 上
学研プラス 児童・幼児事業部 音楽事業室
¥880(2019/10/21 14:32時点)
スポンサーリンク

『こどものハノン』上下巻それぞれの内容を簡単に

新編こどものハノン 上

この『こどものハノン』、今回は上巻のみをご紹介しますが、上下巻の2冊に分かれています。

それぞれの内容についてまとめます。

『こどものハノン』上巻

まず上巻の方。内容をまとめると、以下のようになっています。

  • ハノン第1部 1番~20番(8分音符)
  • 音階
    • 長調:ハ、ト、ニ、イ、ホ、ヘ、変ロ、変ホ、変イ
    • 短調:イ、ホ、ロ、嬰へ、嬰ハ、ニ、ト、ハ、ヘ

まずは元祖『ハノン』の1番~20番。一番始め、”第1部”の部分ですね。

8分音符で書かれています。

そして、音階。

♯4つまでと♭4つまでの長調と、その並行調である短調です。

新編こどものハノン 上
学研プラス 児童・幼児事業部 音楽事業室
¥880(2019/10/21 14:32時点)

『こどものハノン』下巻

そして、下巻は以下のようになっています。

  • ハノン第2部 21番~38番(16分音符)
  • 音階
    • 長調:ハ、ト、ニ、イ、ホ、ロ、ヘ、変ロ、変ホ、変イ、変ニ、
    • 短調:イ、ホ、ロ、嬰へ、嬰ハ、嬰ト、ニ、ト、ハ、ヘ、変ロ
    • 半音階
  • 分散和音
    • 長調:ハ、ト、ニ、ヘ、変ロ
    • 短調:イ、ホ、ロ、ニ、ト

上巻と比べて、盛りだくさんですね。

まずは、元祖『ハノン』の”第2部”にあたる、21番~38番までが掲載されています。

16分音符で書かれるようになります。

そして、音階は、♯5個までと♭5個までの長調と、その並行調である短調になっています。

そして、新たに半音階と分散和音が加わります。

分散和音は、♯、♭それぞれ2つまでの長、短調ですね。

新編こどものハノン 下
学研プラス 児童・幼児事業部 音楽事業室
¥880(2019/10/21 14:41時点)

 

スポンサーリンク

 

『こどものハノン』上巻を詳しくご紹介

上下巻の2冊ある『こどものハノン』。今回は、上巻を詳しく紹介します。

上巻の掲載順序は、まずは元祖『ハノン』の1番~20番。そして、音階部分になっています。

『ハノン』1番~20番の部分について

上巻には、『ハノン』の基本ともいえる、1番~20番が載せられています。

楽譜の書き方は、8分音符、1オクターブです。

元祖『ハノン』は16分音符、2オクターブですね。

右手が中央ド、左手がその1オクターブ下から始まり、1オクターブ上まで上がって元の場所へ戻る、という形です。

⇩実際の楽譜です。

そして、特長的なのが、20曲すべてに4つの変奏例が載せられている、ということです。

「リズム変奏」と書かれ、A、B、C、Dで分けられています。

スタッカート、アクセント、スラー、付点などを、単独で使ったり組み合わせていたりしています。

内容は、曲ごとに少しずつ違っていますね。

その変奏例の中には、16分音符のものもあります。

⇩変奏例の部分。

1番~20番すべてに変奏例が4つづつ、というのが、この『こどものハノン』の大きな特長になると思います。

音階の部分について

後半のページが、音階練習部分になっています。

上にまとめたように、♯、♭それぞれ4つまでの長調と短調が載せられています。

掲載順は、まず♯から始まり1つづつ増えていき、♭へ入るようになっていますね。

1ページに、長調とその並行調の短調がセットで載っています。

例えば、上半分がハ長調、下半分がイ短調、ということですね。

短調は、和声的短音階のみです。

楽譜の書き方は、8分音符、2オクターブです。最後はカデンツで終わっています。

⇩実際の楽譜です。

1番最後のページに、「まとめ」としてこの『こどものハノン』上巻で出てきた調が一覧にまとめられています。

長調で一括り、短調で一括り、というまとめ方になっていますね。

⇩こんな感じ。

 

新編こどものハノン 上
学研プラス 児童・幼児事業部 音楽事業室
¥880(2019/10/21 14:32時点)

 

スポンサーリンク

 

『こどものハノン』上巻の楽譜の状況は?

最後に、楽譜の見やすさ等についてまとめます。

ここまでにいくつか画像を載せたので、イメージがつくかもしれませんが、改めて。

⇩ページ全体としてはこんな感じ。

説明書き等は一切なく、その分楽譜にスペースが充てられるためか、とても大きく見やすくなっているのではないでしょうか。

「リズム変奏」の部分は、若干小さくなっていますが、あくまでも”若干”ですね。十分な大きさだと思います。

⇩リズム変奏の部分。

音階ページは、上でもまとめたとおり、1ページに長調、短調がセットになっています。見開きで見ると、4つの調が載せられているということですね。

⇩実際のページです。

新編こどものハノン 上
学研プラス 児童・幼児事業部 音楽事業室
¥880(2019/10/21 14:32時点)

『こどものハノン』上巻まとめ シンプルで分かりやすい

『こどものハノン』上巻について、内容を詳しくまとめてみました。

元祖『ハノン』の最初の1番~20番。そして、全調ではありませんが音階練習の部分。この2部構成で作られています。

特長は、1番~20番の全曲に、リズム変奏の例が4つづつ載せられていることでしょうか。

様々な組み合わせで、いろいろなパターンのものがありますね。

もう1つの特長としては、とてもシンプルだということ。説明書きなどは一切ありません。

その分、楽譜は大きいですね。

特に小さな子が使う場合、楽譜の大きさは見やすさにつながるため、結構重要ですよね。

 

この『こどものハノン』、上下巻に分かれていて、上にも簡単にまとめましたが、下巻はもう少し高度な内容になります。

ハノンの導入として、まずこの『こどものハノン』上巻を使い、終了後の状況によっては、下巻ではなく元祖『ハノン』へ入っていく、という形も考えられるかもしれません。

⇩今回は、詳しくご紹介していませんが、参考にどうぞ。

新編こどものハノン 下
学研プラス 児童・幼児事業部 音楽事業室
¥880(2019/10/21 14:41時点)

⇩元祖『ハノン』です。

 

関連記事別の子ども用ハノンを紹介しています。

『新こどものハノン』元祖ハノンの第1部と全調スケールを1冊に 練習法も具体的
子ども向けハノン『新こどものハノン』の紹介です。元祖『ハノン』の第1部の全部と全調スケールが1冊にまとめられています。「5分間練習」という具体的な練習法が示されているのが大きな特長です。リズム練習よりもフォームを整えることも大事にされています。

ハノン系教本を紹介しています。

『ハノン』の簡単アレンジ楽譜おすすめの2冊+人気の1冊をご紹介
本家『ハノン』を元に簡単にアレンジした楽譜『毎日の練習12か月』の1と『おとなのハノン』の2冊をご紹介します。どちらも実際にレッスンで使用していて”本家”に入る前にまずこちらから始めています。もう一つおまけの1冊も紹介。合ったものを見つけられるといいですね。

元祖『ハノン』についてまとめています。

ピアノ教材『ハノン』の練習法 いつからやる?その効果は?そもそも必要?
『ハノン』の効果と練習法についてまとめました。導入はあまり急ぐ必要はないと思いますが、ピアノ初心者が『ハノン』を練習する場合、第1部をていねいに取り組むと良いと思います。しっかりとした目的を持って使うことが大切だと考えています。

ハノンの練習で大切にしたいことをまとめています。

ピアノ教材『ハノン』の練習で大事なのはこれ!ただ弾くだけではダメなんです
『ハノン』の練習で大事にすべきポイントをまとめました。弾いているときの手の形、音の状態などチェックすべきことを書いています。自分の出している音をしっかりと聴きながら弾くことがとても大切です。ただただ惰性で弾いていては意味はありません。

このカテゴリーの人気記事

”超初心者”を過ぎたら『バーナム ピアノ テクニック 導入書』がおすすめ!1巻の前にこちらから
『バーナムピアノテクニック ミニブック』超初心者から弾けるピアノテクニック教本
『ハノン』の簡単アレンジ楽譜おすすめの2冊+人気の1冊をご紹介
初心者向けピアノテクニック教本『初歩のピアノ練習曲集①』様々な作曲家による曲っぽい練習曲集
初心者向けピアノテクニック教本『ピアノ・スポーツ』スポーツからピアノテクニックを学ぶ!

 

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました