ピアノ独学初心者に超おすすめ「flowkey(フローキー)」!練習も基礎学習もこれ一つ!

スポンサーリンク
その他の楽譜

このサイトでは、これまでいくつかのピアノ初心者向けの教本をご紹介してきました。

これらの教本も、初版が20年以上前のものもあったり、と古くなってきましたね・・。

改訂版が出されているものもありますが、中には出版社サイトを見ても「在庫なし」で絶版か?というものも。高額で売られているものもあるようです。

う~ん・・新たなものは何かないのか・・と思っているところで知ったこの「flowkey(フローキー)」。

試してみたところなかなか良さそう。ということで、ご紹介しようと思います。

特に、ピアノ初心者の方には超おすすめです!ぜひじっくり読んで、試してみてください。

公式サイトはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「flowkey(フローキー)」って何?

まずは、「flowkey」についての基本情報。「flowkey」って何?ということからです。

「flowkey」はアプリです

flowkey」とは、ピアノ学習用アプリです。つまり、パソコン、タブレット、スマホにインストールして使うものですね。

WindowsでもMacでも。androidでもAiphone/iPadでも使えます。

ドイツ発 全世界で約600万人のユーザー

始まりは3人のドイツ人の起業家から。それこそ、「ピアノを弾けるようになりたい」という思いからの出発です。

ベルリンで2014年に創業し、2015年にはヤマハ・ミュージック・ヨーロッパと提携して開発が進み、現在、世界各国のヤマハグループ会社と提携して約600万人に使われています。

ヨーロッパでは、最も成功したピアノ学習アプリとして認知されているとのこと。

2020年3月より、本格的に日本上陸。日本語に完全対応されています。

参考PR TIME『ドイツ・ベルリン発。音楽を学ぶ楽しさが凝縮された、世界で500万人以上が利用する、本格ピアノ学習アプリ「fliwkey(フローキー)」が日本語に対応』
参考PR TIME『ピアノ学習アプリ「flowkey(フローキー)」は「ピアノで好きな曲を弾きたい」という夢を、世界中の誰もがかなえられるようにします』

⇩公式サイトはこちら!⇩

「flowkey(フローキー)」でできること

それでは、「flowkey」でできることを具体的に紹介していきます。

簡単にまとめると、次の2点です。

flowkeyでできること
  • ピアノの曲の練習
  • 基礎知識やテクニックの学習

以下に詳しく紹介します。

ピアノの曲の練習

まずは、「曲の練習」についてです。

どんな曲でどんな風に練習できるのか、を書いていきます。

どんな曲が入っている?

この「flowkey」、「好きな曲でピアノの練習」というのが、最大のコンセプトです。

たとえ初心者だって、自分で好きな曲を選んでその曲で練習しよう、ということを大事に考えています。

私も、自分がレッスンをするときに大事にしているのは「好きな曲を弾こう!」ということ。なので、この考えにはとても共感しました。

そのためには、選ぶ、ということができなくてはいけません。

その点「flowkey」は収録曲が1500曲以上!。それが、初心者、中級者、上級者、プロの4つのレベルに分けられます。

初心者だけに絞っても、100曲以上あります。

同じ曲が、アレンジを変えて複数のレベル(例えば、初心者と上級者、とか)に入っているものもありますね。

また、ジャンルも様々です。

以下はカテゴリーなのでジャンルが重なるものもありますが、20のカテゴリーに分けられます。

カテゴリー
  • ロマンティック
  • クラシック
  • 人気ポップ
  • 映画&テレビ
  • ゲーム音楽
  • ジャズ
  • 子供向け
  • メランコリー
  • 名曲
  • ハッピー
  • ロック
  • パートナーズ
  • グルービー
  • クリスマス
  • トラディショナル
  • R&B
  • エネルギッシュ
  • メロー
  • J-POP&K-POP
  • スムーズ

これだけの曲があると探すのが大変では、感じるかもしれませんが、探す方法は、

レベルを選ぶ➩➩➩曲名で検索、または、各カテゴリーから探す

という形で簡単に探せます。

⇩トップページの上部にある、「初心者」「中級者」「上級者」「プロ」と書かれた円をまずタップすることから始めます。

また、トップページがすでに「一番人気」「新作」「洋楽」「クラシック」「映画&テレビ」に分けられているので、そのままそこから探すこともできますね。

レベルを選ぶと、トップページのカテゴリーもそのレベルの曲のみが表示されるようになります。

スポンサーリンク

具体的な曲名は?

具体的な曲名も知りたくなるのではないでしょうか。少し載せておきます。

初心者レベルの「一番人気」で表示されている曲を5曲挙げますね。(2021年5月1日現在)

「初心者」の人気曲
  • 「桜」(Kyogo Kawaguchi)
  • 「故郷の春」(Hong Nan-pa)
  • 「プリテンダー」(Official HIGE DANdism)
  • 「さくらさくら」(Japanese Traditional)
  • 「ハレルヤ」(Lomard Cohen)

中級、上級、プロの「一番人気」で挙げられているトップ3は、どれも

「菊次郎の夏-Summer」(Joe Hisaishi)、「プリテンダー」(Official HIGE DANdism)、「レモン」(Yonezu Kenshi)

の3曲になっています。もちろんアレンジは違いますが。

いかかでしょう。弾いてみたい曲はあったでしょうか?

日本語対応されるようになったのは2020年3月。これからJ-popや人気アニメの曲など、どんどん追加されるのではないでしょうか。

⇩曲を選ぶページの画像。「初心者」をタップして初心者レベルの曲のみを表示しました。

⇩公式サイトはこちら!⇩

うれしい3つの練習機能

弾いてみたい曲が決まったら、さあ、練習です!

その曲の画像部分をタップするとモデル演奏が流れます。さらに「この曲を習う」というところをタップすると、楽譜と実際に演奏している様子を見ることができます。

⇩こんな状態(タブレット画面です)。曲は、初心者の「一番人気」に入っている、河口恭吾さんの「桜」です。

画像を見ていただくと分かると思いますが、実際の演奏部分と楽譜はリンクして横へ流れていきます。楽譜上に見えるグレーの線が、今弾いている部分だということですね。

また、鍵盤の上のところに音名が表示されます。

この画面を使って練習をしていくことになります。

練習は実際に弾きながらしていくことになるわけですが、それをサポートしてくれるうれしい機能が3ついています。

それがこの「flowkey」最大の”ウリ”ですね!

⇩それがこちら。

練習お役立ち機能
  • 待機モード
  • ループ機能
  • スローモーション機能

下に詳しく解説します。

スポンサーリンク
待機モード

「待機モード」とは、自分が楽譜通りの音を弾くまで、ズバリ”待機”してくれる機能です。

音を出さなかったり楽譜とは違う音を出してしまったときには、先に進まずそのまま待っていてくれます。

楽譜通りの音を出すと、緑のチェックマークが出て先へ進んでいきます。

これ、とってもいいですよね!

使い方は簡単。

  1. 楽譜部分や演奏画面をタップすると手のマークが現れる
  2. 手のマークをタップすると「待機モード」が現れる
  3. 「待機モード」をタップする

タップするとグレーからオレンジ色に変わります。

⇩こういう感じですね。

画像は左手がオレンジになっています。左手の音が「待機」されるということですね。

右手の方もタップしてオレンジにし、両手を待機モードで練習することもできます。

自分が弾いているピアノの音を感知してくれないと使えないということになりますが、パソコンやタブレットなど「flowkey」を起動させているもののマイクがオンになっていればOKです。

オンになっていない場合は画面に案内が出ますので、指示に従ってオンにしてください。

実は、たま~に正しく感知しないことがあります・・。弾いていないのに先に進んでしまったり、間違った音なのに進んでしまったり。でも、たま~にです。

電子ピアノなどで練習する場合は、MIDIに接続することができます。そうすれば確実に感知され、たま~に・・は起きなくなりますね。

ループ機能

2つ目の「ループ機能」についてです。これは、繰り返し練習ができる機能です。

どうもスムーズに弾けない・・といった苦手な部分を指定すると、何度もリピートしてくれるというわけです。

使い方は

  1. 楽譜部分や演奏画面をタップすると現れる丸の中の矢印マークをタップ(上の画像を参照)
  2. 1小節程度のグレーの部分ができる
  3. 「<」や「>」を動かして、繰り返し練習したい部分を指定する。

⇩こちらが、繰り返したい範囲を指定した状態です。

色のついている部分が繰り返されるということですね。

画面をタップすると一時停止になり×印が現れます。それをタップすると解除されます。

一時停止をすると手のマークも出てきます。こちらをタップして「待機モード」と一緒に使うこともできます。

スローモーション機能

「スローモーション機能」は、そのものズバリ!演奏速度、演奏画像がスローモーションになる機能です。

50%速度、75%速度の2種類があります。

使い方は・・

  1. 楽譜部分や演奏画面とタップすると手のマークが現れる
  2. 手のマークをタップすると「待機モード」と共に「50%速度」「75%速度」の表示も現れる
  3. どちらか変えたい方の速度の表示をタップする

⇩「待機モード」の紹介で使った画像と同じですが、こういう状態です。50%か75%かどちらか選ぶわけですね。

この「スローモーション機能」は「ループ機能」と一緒に使うことができます。繰り返し練習をしたい部分をスローモーションにできるということですね。

でも、「待機モード」と一緒には使えません。これ、一緒に使えるといいのに~と思いましたね‥。

⇩公式サイトはこちら!⇩

基礎知識やテクニックの学習

flowkey」は、「たくさんの曲が収録されていて、楽譜と実際に弾いている画像を見ながら曲の練習ができる」というだけではありません。

もう一つの特長は、「学習ができる」ということです。楽譜についての知識や弾く際のテクニックなど、曲を弾くだけにとどまらない「学び」の部分も備えています。

⇩コースの画像

初心者から上級者までの8つのコース

初心者から上級者までの8つのコースに分かれています。そして、それぞれさらに細かく内容が分かれています。

各コースは、曲を選ぶ際の”レベル”と同じ色で色分けされています。⇩下の囲み部分の後ろに、初心者、中級者などと書いてあるのはそのレベルです。

なお、パソコン版では大きなコース分けはされておらず、色でのレベル分けがもっと細かくなっています。

コースの紹介
  • 初心者コース
    • ピアノにふれてみよう(8コース)・・初心者
    • 両手で弾く練習(7コース)・・初心者
    • 中級ピアノテクニック(6コース)・・中級者
  • 読譜&音階の練習
    • 読譜の練習(8コース)・・初心者
    • 音階(10コース)・・中級者
    • 音階Ⅱ(12コース)・・上級者
  • 上級コース
    • コードをマスターする(7コース)・・上級者
    • コードを使った即興演奏(5コース)・・プロ

すべてのコースについて紹介すると膨大な量になるので、初心者コースのみ詳しく紹介します。

初心者コースの内容は?

flowkey」で初心者コースと位置付けられているのは、「ピアノにふれてみよう」「両手で弾く練習」「中級ピアノテクニック」です。

詳しい内容は以下の通り。

初心者コースの内容
  • 「ピアノにふれてみよう」
    1. 最初のステップ
    2. 右手で簡単なメロディーを弾いてみよう
    3. 楽譜の読み方
    4. 左手で弾いてみよう
    5. ヘ音記号の音符
    6. 音符の長さとリズム
    7. リズム練習
    8. 右手のその他の音符
  • 「両手で弾く練習」
    1. 両手で弾こう-入門編
    2. その他の音符
    3. 弱起と付点音符
    4. 付点四分音符
    5. 四分音符とタイ
    6. 片手で複数の音を弾く
    7. コードを弾く
  • 「中級ピアノテクニック」
    1. 指かぶせのテクニック
    2. シャープ記号(♯)
    3. フラット記号(♭)
    4. 指を広げる練習
    5. 8分の6拍子
    6. ナチュラル記号

右手→→左手→→両手の順に進み、楽譜の読み方、音符の種類、リズムの取り方等を徐々に学んでいく内容ですね。

ビデオ学習形式+実技

学ぶ方法は、ビデオ学習の形です。音声での説明と共に動画を観て学ぶわけですね。

でもそれだけではなく、曲の練習と同じように弾いている画像と楽譜が示されて、実際に弾いてみる、という課題も入っています。

上で紹介した「待機モード」と同じ形で、音を認識して正しい音で弾けているかをチェックしてくれます。

具体的に一番初めのコース「最初のステップ」を見てみると・・

「最初のステップ」の内容
  1. 「椅子の位置と姿勢について」←ビデオ
  2. 「手の位置」←ビデオ
  3. 「黒鍵について」←ビデオ
  4. 「真ん中のド」←ビデオ
  5. 「Cポジション」←ビデオ
  6. 「Cポジションの練習」←自分で弾いてみる
  7. 「歓喜の歌」←自分で弾いてみる

1~5のビデオ学習の部分は一つ一つがとても短いですが、音声説明付きの動画ですし、それぞれ必要な方向から撮られているので分かりやすいです。

7の「歓喜の歌」はベートーベンの第9の中のあの有名な一節ですね。

全部で8小節のこのメロディーを、2小節ずつそれぞれ3回ずつ弾き、最後に8小節通して3回弾くようになっています。

細かいですよね~。ちょっとビックリ!

これはあくまで「最初のステップ」のみの内容。こんな感じで、初心者向け全21コースが進められていくわけですね。

いやいや、なかなか配慮の行き届いた、丁寧な内容なのではないでしょうか!

スポンサーリンク

「flowkey」は有料です 無料期間もあります

魅力的な機能満載のこの「flowkey」。すべての機能を使うには料金が必要です。

⇩料金体系はこちら。

1ヶ月プラン2,100円
6ヶ月プラン9,100円
12ヶ月プラン12,800円

無料期間がありますが、7日間の無料期間ののち、12ヶ月プランへ自動移行されます。

完全無料でも使えないことはないですが、使える範囲はかなり限られます。

無料で使える範囲
  • 曲:8曲
  • 学習コース:
    • 「ピアノにふれてみよう」・・「最初のステップ」
    • 「両手で弾く練習」・・「両手で弾こう-入門編」
    • 「中級ピアノテクニック」・・「指かぶせのテクニック」

無料の曲は8曲のみ。初心者以外のレベルも含まれます。

無料での学習コースは、初心者コースに位置付けられている3つのコースの一番初めのみですね。

⇩公式サイトはこちら!⇩

ピアノ独学初心者の強~い味方!でも気になることも・・

ピアノ学習アプリ「flowkey」を、自分でいろいろと試しつつご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

これ良いわ~~!!

というのが、私の率直な感想です。

基本的なことはこれですべて学べます。しかも、細かく丁寧。

曲もたくさん入っていますし、これからもどんどん追加されるでしょう。

楽譜と共に実際に演奏している動画が示され、それを観ながら同時進行で弾いて練習することができます。

ピアノを独学で始めた初心者の方に、とてもいいのではないでしょうか。

もちろん、中級、上級者の方にもおススメです。

中級以降の方にとっては、学習面よりも、楽譜をたくさん持てる、というのが大きなメリットになるのではないでしょうか。

少なくとも、私にとってはそこですね。

あえて難点を示すとすれば・・

楽譜全体を俯瞰してみることができない

ということでしょうか。

これまでの画像でも分かると思いますが、「flowkey」は一段のみの楽譜が演奏動画の演奏に沿って流れていく形で示されます。

1曲全部の楽譜を一度に見ることはできません。

曲を演奏するとき、楽譜全体を見通して、どのような流れになっているのかを把握することはとても大切です。

演奏計画を立てるわけですね。

それをするからこそ、1曲をひとつの流れととらえて、物語を語るように演奏することができるんです。

flowkey」だけでもピアノを弾けるようにはなるのではないかと思いますが、芸術として表現をする、という大事な要素が抜け落ちたままになってしまわないか・・

そんな心配をちょっとしますね。

弾きにくいところを、演奏動画で指の動きなどを確認しながら練習する、という部分練習をするにはとてもいいと思います。

それにプラスして、1曲の楽譜全体を見渡せるようなこともできるようになれば最高だな!と思います。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました