ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

リズム感の前に拍子感!拍子感を身につける練習法

ピアノの練習について
スポンサーリンク

音楽を演奏するのに「リズム感」はとても重要ですよね。

音楽はリズムで成り立っていて、聴いていて心地いいのはリズムを感じられるからです。

でもその前提としてあるのが「拍子」です。一定の拍子の中でリズムは刻まれます。

リズム感を鍛える前に、まずは「拍子感」。

拍子感を身につけるための練習法についてまとめてみました。

リズムと拍子は違う?

「リズム感」といった時に拍子についても含めていうことは多くありますね。

拍子もリズムの一つだと思います。一定の拍子を刻めることもリズム感の一種ですね。

でもここでは分けて考えることにしようと思います。

  • 「拍子」とは、4/4拍子や3/4拍子や6/8拍子などのこと
  • 「リズム」とは、拍子を土台として様々な種類の音符を刻むこと

と考えます。

リズムが刻めても拍子に乗せられない

リズムの理解はできていて、拍子に合わせてリズム打ちもきちんとできる。

ここは1拍ここは2拍とか、楽譜通りに正しく打てています。

でも、全く一人でやってもらうとまるでできない。

こういうこと、あります。

リズム打ちではなく、ピアノを弾くことでも同じ。

例えば、こちらの手拍子に合わせてリズム通りに弾くことはできる。でも、拍子をとらずに自分ひとりで弾いてもらうとできない。

2分音符がずいぶん長かったり(何拍分?)、4分音符が微妙に短かったり(0.8拍??)。

ピアノを始めたばかり、つまり比較的小さな子に多いですよね。

「2分音符って何拍?」「2拍」。「4分音符は?」「1拍」。こういう質問にもきちんと答えられます。

じゃあ、なぜ弾けないか。

結局「拍子感」が身についていないということだと思います。

自分の中に拍子感がないから、自分ひとりで弾いてみるとぐちゃぐちゃのリズムになってしまうんですね。

これ、もう少し大きな子(小学校の中学年くらい以降かな?)にはあまり起きないように思います。音楽の授業で歌をうたったり楽器の演奏をしたりという経験を積んでくるからかな。

合唱や合奏といった大勢で音楽をすることは拍子をとることがとても重要になるので、拍子感を身につけやすいかもしれません。

拍子とは?

では、「拍子」というのは何なのか。

上に「4/4拍子や3/4拍子や6/8拍子などのこと」と書きましたが、つまり、「1小節をひとまとまりとしてとらえる」ということです。

決して、一定の間隔で手拍子を打てること、ではありません。

4/4拍子なら、4分音符を1拍として4拍でひとまとまり。

3/4拍子なら、4分音符を1拍として3拍でひとまとまり。

6/8拍子なら、8分音符3つをひとまとまりとした大きな2拍のまとまり。

という風に捉えられる、感じられる、ということですね。

自分の中でこのように拍子を感じながら、それを土台にしてリズムを刻む、ということになります。

自分の中に拍子がないのにリズムを刻む、ということはそもそも無理。というか、それはリズムではない、ということです。

まとまりを持った拍子とは

一定の間隔で打たれる拍にまとまりを持たせる。

これには、一応のルールのようなことがあります。強拍、弱拍といわれるものです。

4拍子なら1拍ずつ「強・弱・中強・弱」

3拍子なら1拍ずつ「強・弱・弱」

6/8拍子は大きな2拍子ととらえるので「強・弱」となりますが、「強」の中にさらに3拍、「弱」の中にも3拍を含めて感じなければいけません。

単純な3拍子2つ分ではありません。あくまでも「大きな(1拍の中に3拍含む)2拍子」です。

このように拍の強さを変えてとらえることで、ひとまとまりと感じられるようになります。

「拍子感」を養うための練習法

拍子感を身につけるためにはどのように練習すればいいのか。

メロディーを演奏することからはいったん離れて、拍を感じることのみに集中した方がいいのではないかと思います。

4拍子なら「強・弱・中強・弱」の4拍でひとまとまりとするので、「4つで1つ」と感じられるようなことができればいいですね。

手拍子で

ひとつは、手や膝などを打ってリズム打ちをする方法です。

「手・膝・机・膝」を1拍ずつたたく

とか。

「弱」となる2拍目と4拍めは同じようにし、1拍目と3拍目はそれぞれ違うところをたたきます。

そして大事なのは、各小節の頭になる1拍めを強く感じるようにすること。「強」拍ですしね。

そうすることで、4拍としてのまとまりをきちんと感じられるようになります。

前にも書きましたが、拍子感とは一定の間隔で手拍子を打ち続けることではありません。4拍子であれば4拍でひとまとまりと感じなければ意味はありません。

しっかりとそう感じられるよう、それぞれの拍に変化をつけるわけです。

リトミックでは

拍子感を養うということは、リトミックでもよくやられることですね。

リトミックでは、ステップを踏むという方法がよく用いられます。

以前紹介したリトミックの本『あたらしいリトミック』にもいくつか拍を感じるための活動が載っています。

この本の詳しいことについてはこちら⇩の記事をどうぞ。

【音楽関連本の紹介】『音楽であそぼう!あたらしいリトミック』
リトミックの音楽活動を紹介した本です。体で音楽を感じることの楽しさが満載です。内容豊富で状況に応じてのアレンジもしやすく、ピアノのレッスンでも使っています。

音楽に合わせて行進して、

4拍子なら4歩(4拍)進んだら方向を変える(3拍子なら3歩)

1拍目になるところで楽器を鳴らしたり手をたたいたりする

などですね。

その場で足踏みして、足踏みの強さを変化させて拍子をつけることもできますね。

その時の音楽はだれもが知っている童謡などがいいかと思いますし、本にもそのように書かれています。

歌や手合わせ遊びをして

私がレッスンでしているのはこの方法です。

子どもたちのよく知っている歌を、手拍子をしながら歌います。

手拍子は、上に書いた「手・膝・机・膝」のように打ち、「強・弱・中強・弱」の役割を持たせます。

子どもと向かい合わせで座り、歌も一緒にうたってもらいます。

歌の声を大きくしたり手拍子を強く打ったりして1拍めを強調させます。

こちらはとにかく大げさに。

また、手合わせ遊びもとてもいいと思います。

手合わせ遊びというと「アルプスいちまんじゃく」がよくやられると思いますが、どんな歌でもできますよね。

「アルプスいちまんじゃく」などだとすでに決まった型があるので、むしろ普通は手合わせ遊びではやらない歌の方がいいかもしれません。

やはり1拍目を強調したいので、1拍めは相手と手合わせをし、あとの拍は手拍子や膝打ちといった形でやります。

子どもと相談して型を決めたりして、楽しんでやれるのではないかと思います。

何度も何度もくりかえし

今まさに、レッスンで拍子感をつけるということをしているところです。

音符は読める、指も動く。

音符の種類、つまり音の長さもわかっている。こちらの手拍子に合わせて弾くことはできる。

でも、さあ一人で弾いてみよう、となるとぐちゃぐちゃになってしまう。

ということで、拍子感の問題だ、と考え、上に挙げた、歌いながら拍子を打つことや手合わせ遊びをやっています。

1拍めのはずの手拍子が、2拍めや3拍目になってしまったりということがまだまだ多く、私のまねを一生懸命しているといった段階かな。

曲を弾くことと並行して、こういったことを毎回のレッスンで続けていくことかな、と思っています。

リズム感は拍子感あってのこと。1小節をひとまとまりと感じる拍子感があって、リズムが生きてくるということですね。

このことを強く再認識している今日この頃です。

 

コメント