ピアノ独学者必見!ぐっと良い演奏になる「こんなことで⁉」という4つのポイント

ピアノの練習について
スポンサーリンク

指は良く動いていて、全体的には悪くないんだけど、う~ん・・・

となってしまう残念な演奏ってありますね。

本当にちょっとしたことを注意するだけで、全然聴こえが違ってくるんだけどなあ、と思う。

ホントに文字通り”残念”なんです。

本人は気持ちよく弾いてるんだからそれでいい、といえばそうなんですが、「音楽は聴かせてなんぼ」と思っているので、気持ちよく聴いてもらいたいし、そういう演奏ができる!

今回は「え?そんなことで⁉」というような些細な事で演奏が変わるポイントを、4つまとめてみようと思います。

ポイント1 一定のテンポを保つ

一つ目は、「曲の始めから終わりまで一定のテンポを保って弾く」ということです。

曲の途中からだんだん速くなってきたり、逆に部分的に遅かったり、という演奏、あります。

慣れていて好きな部分だったりするところは、弾きやすいから速くなる、苦手だなと感じている部分は遅くなる、という傾向がありますね。

音楽は、4拍子なら4拍子が一定のテンポの中で刻まれているから、聴いていて心地よく感じるものです。

部分的に速くなったり遅くなったりする演奏では、気持ちを乗せて聴くことが出来ません。

ましてや、この曲何拍子?という演奏は、心地悪さを感じさせてしまいます。もはや音楽ではない、とさえいえるのではないかと思います。

テンポキープは音楽を演奏するうえでとっても大事なことなんです。

練習法はやっぱりメトロノームを使うこと

一定のテンポが保てていないかも・・と感じたら、とにかく一度メトロノームに合わせて弾いてみることが必要です。

メトロノームの数値を普段弾いているくらいの速さにセットして、そのテンポに合わせて弾いてみます。

そうすればすぐに分かります。

テンポのブレがあることが分かったら、しばらくはメトロノームに合わせて弾くようにします。

やりすぎると、ただの機械的な演奏になってしまうので、そこは注意が必要です。

数回通し練習をする中の1、2回程度にとどめておいた方がいいと思います。

「一定のテンポを保つ練習」そのものは、基本的にはテクニックの練習で行うものです。

バーナムやハノンなどで指練習をするときには、必ずメトロノームを使って弾くようにします。

 

 関連記事「ピアノの練習にメトロノームは必需品!でも使い方に注意」

テンポを揺らすときにはどうするの?

1曲の中で部分的にテンポを揺らす必要のある時がありますよね。

特に、ロマン派以降の曲はそれが大きな特徴だったりしますし、そうでなくても「rit.」や「accel.」の書かれている部分はそうなりますね。

聴いている人に「rit.しているんだな」「accel.なんだな」と分かってもらう演奏をするためには、自分の中で一定のテンポが保たれていなければいけません。

根底に流れるテンポがあるから、rit.やaccel.が生きてくるわけです。

なので、やはり、テンポをキープする練習は必要です。

 

スポンサーリンク

 

ポイント2 音符の長さは正確に

二つ目のポイントは、「音符の長さは正確に弾く」ということです。

4分音符なら1拍、2分音符なら2拍、付点2分音符なら3拍、全音符なら4拍、しっかりとのばす、ということです。

例えば、2分音符なのに1拍しかなかったり、という状態では、音楽はブチブチ切れた状態に聴こえます。

たとえそれがスラーの切れ目にあたるところであっても同じです。

フレーズは切れていても、“ブチ切れ”の状態では台無しになってしまいます。

4分音符なら4分音符分しっかり音を置いて次へ移ります。

こういう細かな心配りが、音楽の質を上げます。

休符も同じ!

音符のことを書いてきましたが、考え方は休符も同じです。

どちらかといえば、休符の方がおざなりになってしまいがちなように思います。

2拍の休みがあるのに、0.5拍あるいはもっと短く次へ入ってしまう。

本当に些細なことなんだけれど、心地よく聴いていると、そうしたところでオットット・・とつまづいてしまうんです。

休むところもしっかり休まなければいけません。

ポイント3 連続同音はターターターと

 

三つめは「同音が続くところはターターターと弾く」ということです。

つまり、これもやっぱり「ブチッ」「ブチッ」と切れないようにする、ということです。

スラーがかかっている部分は特に注意が必要です。

同じ音を続けて弾かなくてはいけないので、絶対に切れてしまうのですが、切れているように聴こえない弾き方をしなくてはいけません。

スラーがかかっているので。

「ターターター」というイメージで弾く、というのがポイントかと思います。

文章では分かりにくいかと思い、ちょっと動画を撮ってみました。

『おとなのためのピアノ曲集〈ポピュラー編1〉』の中にある「パフ」の冒頭の部分です。

楽譜はこちら。右手のメロディーのみ弾いています。まず、スラーをつけて。次に切って弾いています。

同じ音を続けて弾く時の弾き方

同じ音が続く部分の違いが分かるでしょうか。聴こえ方がずいぶん違うかと思います。

 

参考記事「【ピアノ初心者向け】おすすめ楽譜紹介『おとなのためのピアノ曲集〈ポピュラー編1〉」

メロディーのまとまりを意識して

大事なのは、メロディーのまとまりをしっかりと意識して弾くということだと思います。

どこまでスラーがつけられているのかをきちんと把握して、聴いている人に、ひとつのまとまりだと感じさせるように弾く、ということです。

スラーは最も大事な音楽記号です。決しておろそかにしてはいけないものです。

関連記事「【ピアノの弾き方】スラーは「表現」の第一歩 最も大事な音楽記号です」

 

スポンサーリンク

 

ポイント4 曲の終わりをていねいに

四つ目は「曲の終わりをていねいに弾く」ということです。

”終わり良ければすべて良し”ではないですが、最後の音をていねいに締めくくることで、曲全体のイメージが決まります。

「じゃあ、ていねいに弾くってどういうこと?」かというと、次の2つの方法が挙げられると思います。

  • 音符の長さを正確に弾く
  • 少しゆっくり目に弾く

 

一つ目は、やはり、「音符の長さを正確に弾く」ということです。

というか、むしろ長めに弾くのが一つの方法です。

例えば全音符なら、5拍目(次の1拍目)に入る直前まで伸ばします。5拍目をカウントすると同時に手を上げるくらい。

最後の音はフェルマータがついていることも多いですよね。

フェルマータが書かれているときは、書かれている通りに長くのばして弾くことになりますが、書かれていなくてもほんの少し長めに弾くようにします。

その音符の長さ分、十分にのばすということです。

全音符に限らず、すべての音符でそうします。

「これで終わりです」という意識を持って、たっぷりと弾くようにします。

スタッカートがついているような場合でも、少し長め、少し重たいイメージを持って弾くとよいと思います。

もう一つは、「少しゆっくり目に弾く」ことです。

曲の終わりには「rit.」が書かれていることが多くありますが、書かれていなくても少しだけゆっくりに弾くようにします。

rit.はないので、あくまでも”少しだけ”にします。

「これで終わりです。ご清聴ありがとうございました。」なんて気持ちを持って弾くと、おのずとゆっくりになるのではないかな。

こういう「気持ち」って大事では、と思います。

自分の演奏を録音して聴いてみよう

まずは、自分がどんな演奏をしているのかを知ることが大事です。

それには録音して聴いてみるのが一番です。

聴いてみるとよく分かります。イメージしていたことと違う、ということだらけだと思います。

弾くのと聴くのって違うんですよね。やってるつもりだったのに全然できていなかったりします。

でも、聴いている人にはこんな風に聴こえている、ということです。

私も発表会などで弾かなくてはいけないときは、録音して聴きます。もう何度も何度も。

そして、ここはもっとゆったりと、この音はもっと目立たせて・・など、自分がイメージしている状態に近づけていきます。

もっと良い演奏がしたい。つまり、自分のイメージ通りに弾きたい、と思ったら、録音して聴いてみること。

まずは、これが自分の演奏を知る一番手っ取り早い方法です。

些細なことだけれど基本

今回は、ほんのちょっとしたことで演奏が変わる、そのポイントを4つ挙げてまとめてみました。

これって実は、どれもとても基本的なことでもあります。

ピアノの先生なら、絶対に指摘する部分です。

なので、小さなころからピアノを習ってきている人なら分かっていることだと思います。

でも、独学で練習をしてきた人は難しいのではないかな。

演奏を聴いてもらって指摘されるということがないと、自分だけではなかなか気づきづらいのではないかと思います。

実は、今レッスンをしている大人の方にいらっしゃいます。

ほとんど独学でブルグミュラーくらい弾ける方ですが、演奏を聴いていると、上に挙げた4つすべて当てはまるわけではないですが、こうした細かいところが引っかかってしまう。

ちっちゃなことだけれど、こういうことが大事。これができればもっともっといい演奏になる!

そう思って、ちょっとねちねちと指摘させてもらっています。

もしかしたら、独学の人はそういう人が多いのではないか、と思い、まとめてみました。

参考になればうれしいです。

 

 

 

あわせてチェックピアノの弾き方や練習法についての記事の一覧です。お好きな記事を選んでお読みください。

 

コメント

関連コンテンツ