ピアノ教室で熱中症⁉猛暑の中徒歩や自転車で通う生徒に教室でできること

その他

ここ「音楽室ゆう」にレッスンに来ている子どもたちの多くは、車での送り迎えですが、中には学校から直接歩いてきたり、自宅から自転車で来たりという子も。

そんな子どもたち、夏場は真っ赤っかの顔でレッスン室に入ってきます。

山の中腹にある、ここ「音楽室ゆう」。暑い中、坂を上ってくるのは大変です!

これ、ほおっておいていいんだろうか・・

私にできることは何か、考えてみました。

スポンサーリンク

倒れ込むようにレッスン室へ 熱中症寸前か⁉

ここは長野県。しかもちょっと北寄り。

でも、暑いんです!!

現在2017年の5月下旬。日本中で「暑い暑い」といわれていますが、ご多分に漏れず暑いです。

ここ数日、30℃前後の日が続いています。

真夏かっ!

歩いて来たり自転車で来たりする子、真夏は「あづい~~」と倒れ込むようにして部屋に入ってくるのが常。

もう今からそんな状態です。

様子を聞いてみると、

学校に水筒を持って行くけど、すぐに飲んじゃう。飲んじゃうと水を入れるけど、それもすぐに飲んじゃう。何度も水を入れるのも、ま、いいか、になっちゃう。だから飲んでない。

なんていう返事。

こんな話を聞いて心配してしまうのは、「熱中症」です。

 

スポンサーリンク

 

「熱中症」って何?

この時期になると毎日のように聞かれる「熱中症」。

「熱中症」って何のか、改めて調べてみました。

熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じる様々な症状の総称です。

引用元:熱中症ゼロへ「熱中症について学ぼう:症状」より

症状については、以下のようにまとめられていました。

症状1、めまいや顔のほてり

症状2、筋肉痛や筋肉のけいれん

症状3、体のだるさや吐き気

症状4、汗のかきかたがおかしい

症状5、体温が高い、皮ふの異常

症状6、呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

症状7、水分補給ができない

引用元:熱中症ゼロへ「熱中症について学ぼう:症状」より

「顔のほてり」や「体のだるさ」も症状のひとつって、みんな真っ赤っかな顔をして、だるそうに入室してくるけど・・・

やっぱり、熱中症になりかけている、ということなんだろうか。

「熱中症」の原因は?

子どもたちは、炎天下の中、20分くらいかけて徒歩や自転車でやってきます。

そうしたことでも熱中症になるんでしょうか。

熱中症の原因を調べてみました。

熱中症は、環境による要因と、身体的な要因行動による要因3つが重なった場合に起こりやすくなります。

引用元:いしゃまち「熱中症はどうして起こる?原因とメカニズム、4つの種類とは」より

「環境による要因」とは、気温や湿度が高い、日差しが強い、といったこと。

「身体的な要因」とは、体調が悪い、持病がある、など。

「行動による要因」とは、激しい運動、水分補給がしにくい、などの状況が挙げられています。

ということは、例えば…

「炎天下の中、水筒のお茶を飲み干していて水分補給できず、坂道を登ってくる」

または、

「炎天下の中、ちょっと疲れ気味の状態で、自転車で坂道を登ってくる」

などという状況は、「熱中症」になりかねない、ということですね。

 

スポンサーリンク

 

「熱中症」にならないためには

熱中症予防でよく言われるのは「水分補給」ですね。

熱中症の原因の一つに、「水分補給がしにくい」ということが挙げられています。

水分補給は、どのタイミングでどのくらい補給すればいいのでしょう。

・運動を始める30分前に、250~500mlを何回かに分けて飲む

・運動中は20~30分ごとに、一口~200ml程度を飲む

・運動が終わった後は、減った体重分を補うように何回かに分けて飲む

引用元:スポーツ時に最適な水分補給飲料はこれだ!「スポーツにおける水分補給のタイミングと量」より

炎天下の移動という意味では、徒歩も自転車もスポーツに近いかと思います。

上記を参考にすると、学校や家を出る前に1杯飲み、レッスン室についたらまた1杯、というのがよさそうです。

20~30分ごとに飲む、というのは、結構頻繁にちょこちょこ飲んでおくのが良いということですね。

上に書いた、

「学校に水筒を持って行くけどすぐに飲んじゃう。飲んじゃうと水を入れるけどそれもすぐに飲んじゃう。何度も水を入れるのも、ま、いいか、になっちゃう。だから飲んでない」

なんてことでは、熱中症になりかねないですね。

「ま、いいか」ではなくて、「何度も水を入れて飲む」ようにしないと。

熱中症対策 ピアノ教室でできることは?

「あっつい中大変だ~」と思いながら、レッスン室で待っている私。

できることはただ一つ。「お茶を準備しておくこと」しかありませんね。

着いたらすぐに1杯飲んでもらう。

これ、すでにやっています。真っ赤な顔をして入って来るのをほおっておけないので。

コップ1杯のお茶(うちの場合は麦茶です)飲んで、ふ~っと一息ついて、それからレッスン開始です。

あとは、レッスン開始直前ではなく早めにクーラー入れて、ある程度部屋を冷やしておくことかな。

涼しい場所へ移動することは、対策としてまず挙げられることですし。

ひとりでレッスンにやってくる子どもたちは、何かと気になります。

遅刻していると「事故!?」、真っ赤な顔だと「熱中症!?」。

今回調べてみて、熱中症もあり得ないことではないということが分かりました。

知識を頭の隅に入れておかなければいけませんね。

 

 

このカテゴリーの人気記事

ピアノ導入教材『ピアノひけるよ!ジュニア1』を終えるまでの期間って?
ピアノ導入教材『ピアノランド①』を終えるまでの期間って?
ピアノを習う意味って?上達が目的じゃない⁉レッスンに来る子どもたちの本音とは
ピアノのレッスン楽しい?生徒の本音が知りたい!レッスン内容アンケートを取ってみた

 

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました