おすすめ楽典ワーク『ジュニアクラスの楽典問題集』楽典学習の集大成として使える総合的な楽典ワーク

おすすめ楽典ワーク

ここ「音楽室ゆう」では日々のレッスンで、ピアノを弾くこととともに楽典のワークに取り組んでもらっています。(全員ではないけれど‥)

その最終地点がこちら、『ジュニアクラスの楽典問題集』です。

副題に「小学生・中学生のための」とありますし、内容からみても小学校の高学年から中学生向きかと思います。

もちろんそれ以上の年齢、大人の方が使ったって良いですが。

これがすべてできれば、きちんと基礎を抑えられた、といっていいのではないかと思っています。

内容を詳しくご紹介します。参考にどうぞ。

スポンサーリンク

『ジュニアクラスの楽典問題集』楽典の基礎をくまなく網羅

ジュニアクラスの楽典問題集

楽典の基本的な事柄を過不足なく抑えられていること。まずはそこが最大のポイントですね。

具体的な内容は?

含まれている内容は、以下のようになります。目次をそのまま載せています。

  • 線と間
  • ト音記号
      • 問題(1)
  • 音名
      • 問題(2)
  • ヘ音記号
      • 問題(3)
  • 音符と休符(その1)
      • 問題(4)
  • 小節と縦線
  • 拍子記号
      • 問題(5)
  • 譜表
  • オクターブ
      • 問題(6)
  • 音符と休符(その2)
      • 問題(7)
  • 拍子とリズム
      • 問題(8)
  • 強起と弱起
      • 問題(9)
  • 奏法を指示する記号(その1)
      • 問題(10)
  • 強弱を表す記号
      • 問題(11)
  • シンコペーション
      • 問題(12)
  • 複縦線と反復記号
      • 問題(13)
  • 連符
      • 問題(14)
  • 速度記号
      • 問題(15)
  • 装飾音と装飾記号
      • 問題(16)
  • 奏法を指示する用語と記号(その2)
      • 問題(17)
  • 変化記号
      • 問題(18)
  • 幹音と派生音
      • 問題(19)
  • 音程
      • 問題(20)
    • 完全音程と長音程、短音程
    • 幹音どうしの音程のかぞえ方
      • 問題(21)
    • 派生音を含んだ音程のかぞえ方
      • 問題(22)
    • 転回音程
      • 問題(23)
  • 音階
    • 長音階
      • 問題(24)
    • 短音階
      • 問題(25)
  • 近親調
  • 移調
      • 問題(26)
  • 和音
    • 三和音
      • 問題(27)
    • 和音の基本形と転回形
      • 問題(28)

 

一番始めの問題は楽譜の五線の「線と間」について。そして、ト音記号、ヘ音記号、音名へと続いていきます。

しばらくの間は、チョー簡単!スラスラ進めていけます。

そして、終わりの方で調が出てきます。また、一番最後には長短増減の和音についても載せられています。

これらが分かっていればほぼ良い、という内容ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

『ジュニアクラスの楽典問題集』見やすさ、使いやすさは?

見やすさ、使いやすさは重要な要素です。

中身はこんな感じです。⇩

見やすさは?

本の大きさは菊倍判。一般的なピアノの楽譜と同じですね。

文字や譜例はわりと大き目ではないでしょうか。

空間も広めにとられていると思いますし、こみこみした感じは受けません。

上の写真にはありませんが、ところどころにイラストも入っています。

使いやすさは?

目次を見ると分かるかと思いますが、基本的に「解説」の部分とそれに対応した「問題」が載せられています。

「問題集」となっていますが、問題ばかりが載せられているというものではありません。

また、解説はそれに関連したことすべてが一度に書かれているのではなく、細かく項目分けされています。

例えば「音程」については、

  • 完全音程と長音程、短音程
  • 幹音どおしの音程のかぞえ方
  • 派生音を含んだ音程のかぞえ方
  • 転回音程

 

の4つに分けられ、それぞれ問題のページがついています。

細かく説明すると・・

まず、「音程」で基本的なことの解説がされてその内容の問題ページがあり、そのあと、上に書いたそれぞれの解説に入り、問題ページがあります。

『ジュニアクラスの楽典問題集』まとめ 楽典の学習の集大成として

ここ「音楽室ゆう」のレッスンでは、以下のような流れで楽典の勉強を進めることを基本としています。(あくまでも「基本」ですが)

  1. 『わかーるワーク』
  2. 『WAKU WAKU調の勉強ドリル』
  3. 『ジュニアクラスの楽典問題集』

 

『わかーるワーク』には、調性に関する部分が入っていません。

そのため、それに特化した『WAKU WAKU調の勉強ドリル』で調の勉強をし、最後に『ジュニアクラスの楽典問題集』に入ります。

『WAKU WAKU調の勉強ドリル』には、音程や和音については含まれていないので、その部分は、『ジュニアクラスの楽典問題集』で学ぶことになります。

『ジュニアクラスの楽典問題集』は、今までやってきたことの総復習という意味合いになりますね。

関連記事『わかーるワーク』についてこちらの記事で詳しく紹介しています。

関連記事『WAKUWAKU調の勉強ドリル』についてこちらの記事で詳しく紹介しています。

本書は、副題に「小学生・中学生のための」とありますが、この段階でここまで知っていればほぼよいのではないでしょうか。

もちろん、音高や音大を目指すとなれば、もっと専門的な知識が必要になるのだろうと思いますが。

関連記事同じく総合的な内容の楽典ワーク『ピアノひけるよ!楽典ワーク』もおすすめ。

ここまで進んで卒業してほしい

『わかーるワーク』から始まり、『WAKU WAKU調の勉強ドリル』を終え、この『ジュニアクラスの楽典問題集』まで。

ここまですべて終えることができれば、楽典についてはかなりしっかり身に付けたということになるのではないでしょうか。

ま、どこまで自分のものとして使えるまでになっているか、にもよりますが。

でも、頭の片隅にでもあれば、将来何らかの形で音楽をやることになった時、「そういうえばあんなこと勉強したな」と思う時が来るのではと思います。

そのときに、見返すなどしてもらえればいいな、と思います。

そこからさらに、知識を深めていこう、という意欲になればとてもうれしいですし、ここまで知っていれば応用が利くのではないかと思います。

以前、この『ジュニアクラスの楽典問題集』を最後までやって巣立っていった子がいます。

どうしているかなぁ・・音楽系の部活にはりきって取り組んでいたけれど役立っているかな。

いや、きっと役に立っているはず!

 

関連記事『わかーるワーク』をこちらの記事で詳しく紹介しています。

おすすめ楽典ワーク『わかーるワーク』楽典の基礎学習はこのシリーズで決まり!
楽典の基礎学習として教室で使用している『わかーるワーク』を紹介します。導入編、基礎編、発展編の3段階があり発展編を終えれば楽典の基礎はOKと考えています。とても見やすく分かりやすく使いやすい!重宝しています。

『WAKUWAKU調の勉強ドリル』をこちらの記事で詳しく紹介しています。

調の基礎を分かりやすく学べる!『WAKUWAKU 調の勉強ドリル』まずはこれから!
調の勉強に特化した内容の『WAKU WAKU調の勉強ドリル』を紹介します。調号を書くという基本の基礎から始められ、分かりやすく見やすく使いやすい。おすすめです。

『ピアノひけるよ!楽典ワーク』をこちらの記事で詳しく紹介しています。

おすすめ楽典ワーク『ピアノひけるよ!楽典ワーク』整理されて見やすい小学生向け楽典総合ワーク
音符の種類といった基礎から調性、コードネームまでを網羅した総合的な楽典ワークです。とても整理されて見やすくふりがな付き。小学生くらいの子にピッタリ!もちろん大人もOKです。基礎から調性まで含んだワークは数少ない印象の中、コードネームまで。なかなか無いワークです。

このカテゴリーの人気記事・新着記事

 

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました