ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

レッスン中に地震が起きたら?

教室の約束事
スポンサーリンク

明日9月1日は「防災の日」。

そこで、レッスン中に地震が起きたらどうするのか。考えていることをまとめました。

 

地震が起きる確率は高い!

ここ池田町は、「糸魚川―静岡構造線」という断層帯が町内を走っています。

この断層帯の北部が、まさにここの地域で、30年以内の地震発生の確率は、M7クラスが0.008~15%とのこと。

これに連なる中北部の地域で、M7クラスが13~30%となっています。

参考サイト:地震調査推進本部 糸魚川―静岡構造線断層帯

これは、地震の起きる確率としてはかなり高い数値ですよね。

中北部で起きる確率の方がだいぶ高いですが、本当にすぐ隣なので、ほぼ同じくらい揺れるでしょうね。

う~ん、なかなか怖い状況です。

 

レッスン中に地震が起きたら・・すぐに部屋を出る

レッスン中は常に携帯電話をそばに置いておくようにしています。「緊急地震速報」をキャッチできるようにするためです。

そして、もし速報が流れたら、すぐにレッスン室を出て隣のリビングへ行くようにしています。

ピアノが動き出す危険を避けるためです。

「音楽室ゆう」のピアノはグランドピアノです。

グランドピアノは、重量があり足が3本で安定していますが、大きな地震ではやはり動くんですよね。

インシュレーターをはめてはいますが、地震対策用ではないので、飛び出してしまう可能性は大きいと思います。

実際、地震でインシュレーターが外れてしまった画像を見たことがあります。

とにかくピアノから離れる。

これは鉄則ですね。

 

実は、過去に一度レッスン中に「緊急地震速報」が流れたことがあります。

幸い誤報だったのですが、すぐに隣の部屋へ移動し、いい訓練になりました。

 

治まった後は・・・

地震が治まった後は、このまま留まることが危険だと思われた場合は、避難場所の公民館へ一緒に移動します。

我が家は、築10年満たない平屋です。なので、グシャッとつぶれてしまうようなことはないと思います。

でも、裏山が地震をきっかけに崩れるかも!もし土砂崩れが起きた場合、被害を受ける可能性は高いと思っています。

なのでやっぱり公民館へ避難するのがよさそうです。その方が、気持ちの上でも安心感があるだろうと思います。

当たり前ですが、お迎えが来て確実にお引渡しするまで、一緒にいるようにします。

 

もっと対策は必要 今後の課題

今の時点での地震対策として決めているのはここまでです。保護者の方へもお知らせしています。

でも、まだまだ不備がありますね。

例えば、頭を守る頭巾や外へ出るときに足を怪我しないための靴など、本当はすぐ手の届くところに準備しておくべきですね。

地震はいつ来るかわからないので。

これを機に、よく検討して準備をしておかなければいけません。

 

 

コメント