童謡を知らない子どもたちにビックリ!もっと知ってほしい

私の考え

童謡を扱ったテキストでピアノのレッスンをしていると、「え?この歌知らないの??」ということが時々あります。

私からすれば当然のように知っている歌です。

たまたまこの子が知らなかっただけか、と思いきやそうではなく、何人もいたりします。

私はっきり言って(言わなくても)おばさんだし、こんな歌はもう古いってことか?

う~ん・・でも、そういう問題かなあ・・

童謡や唱歌って、いい歌ばかりだと思うんだけど・・

スポンサーリンク

子どもが知らない童謡はこんな歌

ここ「音楽室ゆう」のピアノ・レッスンでは、『ピアノひけるよ!』という教本を何人かの子に使っています。

こちらのテキスト「しっているきょくでどんどんひける」という副題がついていて、子どもたちのよく知っている(ハズの)の童謡が多く入っています。

でも、結構「知らない」と言われることがあるんです。

例えば・・

  • ゆかいな牧場
  • バケツのあな
  • 赤い川の谷間
  • とんぼのめがね
  • 10人のインディアン
  • 1週間
  • あわてんぼうの歌
  • 聖者の行進

 

などなど・・他にもあったかと思います。

外国の歌とか、これは知らないかもね~と思うものもありますが、え?知らないの??と思うものも。

驚いたのが「とんぼのめがね」。上に挙げたなかで1番知っていそうなのに、知らないという子が複数いてビックリ。

な、なんで?

ネットでちょっと見てみると、「赤とんぼ」や「七つの子」、「茶摘み」、「どんぐりころころ」、「ドレミのうた」などが、子どもが知らなかったとして挙げられていました。

他には、『ピアノひけるよ!』とは別の教材に出てきた「はないちもんめ」だったかな?、わらべ歌を知らない子もいました。

遊んだことないのかな・・

関連記事引用した『ピアノひけるよ!』の『ジュニア』をこちらで紹介しています。

何で知らないの?

子どもたちは何で知らないんでしょう‥?

やっぱり聴く機会、歌う機会が減っているからなんでしょうね。

今はホントにいろんな音楽があふれているから、小っちゃいうちからJ-popとかが主流になってしまうのかもしれません。

子ども向けアニメの主題歌なんかも、そのままアイドル歌手の歌じゃん、という感じですしね。

目まぐるしくメロディーが変わって、リズムもすっごく複雑で。画面が次々変わるテレビなどの映像に、子どもの目がくぎ付けになるのとある意味一緒で、耳がくぎ付けになってしまうのかな。

そうなると、昔ながらの童謡は「こどもが好まないから」ということで保育園や学校、家庭でも歌わなくなってしまうのかな。

それでは当然、子どもは知らないよね。

 

スポンサーリンク

 

もっと知っていてほしい!童謡や唱歌

知らない、というのはしょうがない。この子が悪いわけではないし、「何で知らないの?」と思うのは私個人の価値基準でのことですし。

でも、古くから歌い継がれてきている、日本の童謡や唱歌を「知らない」といわれるのは、なんとも悲しいと感じます。

いい歌だと思うんだけど・・

童謡や唱歌ってこういうもの

子どもが歌うもの、子どものために作られたものを「童謡」や「唱歌」といいますよね。

詳しくは以下のような意味です。

童謡(どうよう)とは、広義には子供向けの歌を指す。

狭義には日本において大正時代後期以降、子供に歌われることを目的に作られた創作歌曲を指す。厳密には創作童謡(そうさくどうよう)と呼ばれる。この意味で用いる場合は、学校教育用に創作された唱歌や、自然発生的に作られたわらべ歌(自然同様伝承童謡)は含まれない。日本国外の子供向け歌曲についても、同様の傾向を持つものを「童謡」と呼ぶことがある。

引用元:ウィキペディア「童謡」より

唱歌は「文部省唱歌」といわれることが多いですが、以下のようなものです。

文部省唱歌(もんぶしょうしょうか)とは、明治から昭和にかけて文部省が編纂した、尋常小学校、高等小学校、国民学校及び学制改革後の小学校の唱歌、芸能科音楽の教科書に掲載された楽曲の総称である。但し、文部省が定めた正式名称ではない。

引用元:ウィキペディア「文部省唱歌」より

江戸時代までは、童謡といえばわらべ歌など子どもの遊び歌を指していたようです。

明治に入って日本にも西洋音楽が紹介されるようになり、「子ども向けの新しい音楽をつくろう」という気運(運動)の中、次々と作られてきたものだということのようですね。

童謡や唱歌の何がいい?何が好き?

私は好きなんですよね、童謡や唱歌といわれる歌が。

今は子どもが小さくて、歌う機会が多いので余計にそうなのかもしれませんが。

なんで好きか・・なんでいいなと感じるのか・・

  • メロディーがシンプル
  • 歌詞が身近

 

この2つに集約されるように思います。

メロディーはシンプルですよね。1曲が短いですし。

だから分かりやすいし、覚えやすいし、口ずさみやすい。

そして、身近な事柄が歌詞になっています。

子どものかわいらしい表情や仕草だったり、それを動物に見立てていたり。自然の風景だったり。日常を歌にしたものも多くありますよね。

そして、奥深さが感じられます。そのものをストレートに表現するのではなく、歌詞に込められたその奥にある意味といったものを感じます。

童謡や唱歌から懐かしさを感じたり、日本の原風景だ~なんて思ったり、心の奥の方をつつかれるような深~い思いを感じたりするのは、私が年を取ったということなんでしょうかねえ・・

 

スポンサーリンク

 

「童謡」お家でもっと歌いませんか?

童謡や唱歌はメロディーがシンプル。短くて覚えやすい。

これ、歌いやすいっていうことです。

もっとお家で歌いませんか?子どもは絶対好きですよ。だって意味がちゃんと分かった上で、聴けるし歌えるから。

子どもって、J-popとかでも歌っちゃったりするんですよね。雰囲気だけでそれっぽく。でも絶対意味分かってない!

たとえ歌えるからって、それでいいのか?

それにお父さんお母さん(おじいちゃんおばあちゃん)に歌ってもらう、そして一緒に歌うって、それだけでうれしいものです。

それだけで立派なコミュニケーションになります。

言葉が通じない赤ちゃんには、歌を歌いまくるべし。赤ちゃんはしっかりと聴いてくれます。それだけで十分な親子の触れ合いです。

歌って、一番簡単な、一番手っ取り早い、音楽との関わりなんですよね。

子育てに音楽を取り入れたいと思うのなら、歌をいっぱい歌うこと!

歌うんなら、童謡や唱歌がいいと思うんです。歌いやすいから。

明治以降初めて西洋音楽が入ってきて、初めて西洋の音階で作られたたくさんの童謡。

これは日本の立派な文化ですよね。歌い継いで残していきたいな、と思います。

 

関連記事子育てに歌をもっと歌っては・・と考えて記事にしてみました。

子育てにもっと歌を!「歌いかけ」の効果を考えてみた「読み聞かせ」と同じだよ 
子育てに音楽を取り入れたいと考えるのなら、普段から歌をたくさん歌ってあげることだと思います。読み聞かせと歌いかけは、同じような効果のあることだと考えています。赤ちゃんの頃からぜひたくさん歌を!

子どもの初めての習い事には歌がおすすめです。

「歌」は子どもの初めての習い事に最適!3つのお勧め理由をまとめます
我が子に何か音楽をさせたいと思うのなら、まずは「歌」から始めてみてはどうでしょう。将来楽器を習わせたたいと思っていても、歌の経験は楽器演奏にも大いに役立ちます。何より子どもは歌うことが大好きです!

引用したピアノテキスト『ピアノひけるよ!』のジュニアをこちらで紹介しています。

『ピアノひけるよ!ジュニア』を詳しく紹介!知ってる曲を弾けて子どもたちに一番人気
『ピアノひけるよ!ジュニア』①~③について掲載曲や出てくる音域、音符などについて各巻ごとに詳しくまとめました。子どもたちになじみの曲が多く入っていて人気のあるこの教本。知っている曲を弾ける喜びは大きいんだなと感じます。

このカテゴリーの人気記事

音楽の授業ってなぜあるの?必要?将来役に立つ⁇
家にピアノがない 買えない それでも習う意味はある!
ピアノが無いから練習できない?家にピアノが無い場合の練習はここで!
ピアノを辞める・・その理由は?習い事を辞める決断をする前に考えてほしいこと
子どものピアノの練習、親の役割とは・・ピアノの先生としてお願いしたいこと

 

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました