ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

これは何のためにやるの?レッスン内容の説明は大事!

レッスン風景
スポンサーリンク

ピアノのレッスンでは、様々な曲をスムーズに弾いていくために、いろいろなことをします。

テクニックをつけるためのものや、楽典の勉強や、音符をスムーズに読むためのものや・・

これらは何のためにするのか。それを、子どもたちに意識して伝えるようにしています。

 

曲のレッスン以外にこんなことをしています

ピアノのレッスンは、曲だけに取り組むのではなく、それ以外にもいろんなことをするのが一般的です。

例えば、指をスムーズに動かすことができるようにすること、音符を読むことに特化した内容、楽典や調性の勉強、聴音や所見演奏など。

こうしたことを、曲を弾いていくレッスン以外に、市販のテキストや手作りの教材などを使って行っていきます。

「音楽室ゆう」でも同じです。

基本的に、曲のテキスト+テクニックのテキスト+楽典ワークの、合わせて3冊を使用します。

それ以外にも、音符読みや聴音、所見演奏などを、ひとりひとりの状況を見ながら取り入れています。

これらすべて、様々な曲にスムーズに取り組んでいくために必要なことと考えて、行っています。

中には、曲だけをやりたいという子もいますし、いろいろなことをいっぺんに行うのは難しいかなという子もいます。

そうした場合は、曲のテキストのみという子もいますし、曲と音符を読むことの二つに絞っている子もいます。

それでも、随時様子を見ながらテクニックの要素のある事を行ったり、楽典に関することを盛り込んだりしていきます。

やはり、曲を弾いていくには必要、と考えるからです。

 

何のためにやるのかを説明する

曲を弾くこと以外のことをやる場合は、なぜこれをするのかを意識して説明するようにしています。

特にきちんと伝えなきゃと感じているのは、テクニックのテキストをするとき。

このテクニックの曲は何の練習なのか、を曲に入るときに説明をします。

「音楽室ゆう」で主に使っているのは、「バーナム・テクニック」です。

一つ一つの曲に、何に注意して弾くべきかが簡単に説明されています。

そこに注目してもらいながら、かみ砕いて説明しています。弾いて見せたりもしながら。

何のためにやるのかがしっかり分かっていると、取り組む姿勢が違ってきます。

”注意すべきこと”に集中して弾くことができます。

将来像を示しながら

「何のため」の説明をするときに心掛けているのは、これができるとこうなるよ、ということを話すことです。

例えば、テクニックのテキストで、和音のスタッカートの曲をするときには・・・

和音のスタッカートが出てくる具体的な曲を挙げたり、指先の力をつけることにつながるということを伝えたり。

そういうことも話すことで、やることの意味が具体的にイメージできるようになるのでは、と思います。

必要性が分かれば、やってみよう!という気持ちもわきますよね。

 

先日、聴音に取り組み始めた子がいます。

その際は・・

将来は、弾かなくても楽譜を読んだらメロディーが聞こえるようになってほしい。

そのためには、聴こえる音と楽譜上の音が一致させられるようになることが必要だと思っている。

そのための、一つの方法として行いたい。

といったことを話しました。

口だけの説明ではなかなか実感がわかないかもしれません。

でも、なるほど~そうか~と思いながら取り組んでもらえれば。それだけでも、ずいぶん意識が違うのではと思います。

 

分かりやすい言葉で丁寧に

「音楽室ゆう」の子どもたちは、今は全員、小学校以上の年齢です。

話をすればきちんと伝わる年齢ですし、また、自分の意思がはっきりしてくる年ごろでもあります。

だからこそ、自分のやっていることの意味をきちんと分かって取り組んでほしいという思いがあります。

なので、説明することを大事に考えています。

中には障碍を持つ子もいます。同じような説明の仕方では、なかなか伝わりづらいかな、という状況。

それでも、分かりやすい言葉できちんと伝えることは必要だな、と思います。

今はいませんが、小さな子にも。

ピアノを弾くのは自分。その意識をもって、主体的に取り組んでほしいと思っています。

 

 

コメント