ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

「楽譜通り弾ければ終わり」じゃない!でも「表現」をするのは難しい?

ピアノの練習について
スポンサーリンク

「考えて弾いて」とよく子どもたちに話します。

それは、「ピアノは楽譜通り弾いて終わりじゃないよ」ということを伝えたいから。

なかなかうまく伝わらず、悩みつつですが。

「できた!」「できない!」で判断しがちな小学生時代

小学生くらいの子どもたちは、物事を「できた」「できない」で判断しがちです。

それは、発達段階上無理のないことでもあります。

発達心理学から見る小学生時代

小学生の年齢は、ピアジェの発達理論による「具体的操作期」といわれる時期です。

これは、具体的な状況に関しては論理的に考えることができるようになる、というものです。

自己中心的なものの捉え方から、客観的な考え方ができるようになっていく段階。でも、内容は具体的なものに限られる、ということですね。

例としては、「保存の概念」が獲得される、ということが言われます。

見た目が変わっても数や量は同じ、ということが理解できるようになるということです。

参考文献:発達心理学―保育・教育に活かす子どもの理解 (シードブック)より

 

でも、まだまだ自己中心性を残している段階。そして、物事を分かりやすい自分の物差しだけで判断しがち。

ある事ができたかどうかで、それにかかわるすべてのことの価値を決めてしまったり、自分や他人を評価してしまったり。

あの子は〇〇ができるからすごい!とか、自分はできないからダメ・・とか。

それは違う・・と思いつつも、まだそのことの実感が伴わない、という時期かな、と思います。

「10歳の壁」などといわれる状況かな。

ここを脱皮できると、もっと客観的に、もっといろいろな視点から物事を見ることができ、頭の中だけでも考え、判断できるようになります。

「形式的操作期」といわれる時期に入る、ということかな。発達心理学上では、11歳以降とされています。

この辺りは、私の学童保育指導員時代の経験から感じることです。

 

ピアノの演奏でいうと、間違えないで弾けた!とか、難しい曲が弾けた!とか、そういう基準で曲を弾けたかどうかを判断しがちだと感じます。

「やったぁ」という顔をしている横で言いにくいけれど、でも言います。

「今、考えて弾いた?」

音楽の演奏は、間違えないで弾けたから良い、というものじゃないんだよ、と。

音楽の演奏はまず感じることから

ピアノを演奏する本当の楽しさ、喜びは、自分がこの曲から感じた思いを、自分の力で聴く人に伝わるように表現すること。

これだと思います。

それには、まず、この曲をどう感じるのか、ということを考えることが大事。

でも、ピアノを弾くって技術的な側面も大きいので、間違えないように弾く、とか、速く弾く、とか、そうした視点に囚われやすいですよね。

そういう基準で見たほうが分かりやすいし。

そうじゃない、ということをきちんと伝えていく。これは、音楽を教える立場としては、とても大事なことだと思います。

学校の「音楽」の授業はどうなってる?学習指導要領を覗いてみた

そこで気になるのは、学校では音楽をどのように教えているのか、ということ。

小学校の学習指導要領を見てみます。

表現及び鑑賞の活動を通して,音楽を愛好する心情と音楽に対する感性を育てるとともに,音楽活動の基礎的な能力を培い,豊かな情操を養う。

引用元:文部科学省「現行学習指導要領・生きる力 第2章各教科 第6節音楽」より

やっぱり、「音楽を愛好する心情」と「音楽に対する感性」を育てるんですよね。そして、「豊かな情操を養う」ということです。

もちろん「基礎的な能力」も培うことになるんですが、それが第一義的なものではない、ということですね。

私は、そう読み取りました。

ピアノのレッスンは、「ピアノ」という一つの楽器をあつかい、それを使うための技術を教えるところではあります。

でも、あくまでピアノは一つの手段。

やっぱり「音楽」との出会いを大事にし、自らの手で演奏することの意味や、楽しみ、喜び、を感じてほしいと思います。

「考えて演奏して」の中身は?

私は、レッスンの中でよく「考えて演奏してね」という言い方をしています。

それは、どういうことかというと・・

あなたはこの曲からどんなイメージを持ったの?

どういうところに惹かれるの?

どんなふうに聴いてほしいと思うの?

そういうことを「考えながら」弾いてね、ということです。

この辺りスタッカートがいっぱい付いてるんだけど、どんなイメージ?

ここから転調してるよね、どんな雰囲気を感じる?

ここからはじめとおんなじメロディーが出てくるね、どんなふうに弾く?

具体的には、こんなことをいっぱい質問します。

すると、子どもたちは、曲全体を見通して、ストーリー仕立てに話をしてくれます。

それが、面白くって、楽しくって。

また、私が考えていたこととは違うイメージが出てきたりして「へぇ~なるほどね~」と感心したり。

自分の演奏している曲について、いろいろと考えること、そして、聴かせるという視点で演奏しようとすること。

これは、発達という視点から見ても、客観的な、そして抽象的な思考が可能となる「形式的操作期」への移行の助けにもなるかもしれません。

 

「考えて弾いて」。それがいい言い方なのかどうか・・もっとふさわしい言葉があるのかも・・と思います。

でも、伝えたいのは上に書いたようなこと。

技術は、自分が曲から感じたことを表現するために必要なこと。

順番を間違えちゃいけないよな。

技術の上達がなければ表現もできないわけで、教える側としてはとても難しい部分です。

まだまだ悩みつつやってます。

 

コメント