ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

「間違えたら始めから弾きなおす」なぜ起きる?どうすればいい?

ピアノの練習について
スポンサーリンク

曲を途中で間違えると、必ず一番はじめまで戻って弾き始める子がいます。

そこだけを弾きなおす、ということをしない。これって、いったい何でしょう・・

 

曲が定着していないから?

曲の途中で間違えると、そこの部分だけを弾きなおすのではなく、一番はじめまで戻ってもう一度弾くということをする子がいます。

すると、今間違えてしまったカ所に至る前に別のところで間違えてしまい、また最初から・・になったりします。

部分練習をするのがとっても苦手!「ここだけ弾く」ということが生理的に気持ち悪い。

そんな様子を感じます。

これは、比較的小さな子に多いように思います。

 

これって何なんだろう・・とっても不思議・・と悩んだ時期もありました。

これは結局、この曲がまだ自分の中に定着していない、ということかな、と思っています。

弾けないまでもサラサラっと歌えてしまえるような曲(例えば誰でも知っている童謡など)では、比較的少なく感じます。

まだ曲が自分に根付いていないから、途中から弾いてもよくわからない、そういうことではないかと。

でも、先にも書いたように、何小節も前に戻って最初からやり直すのは、今間違えたところに行きつくまでに、別のところで間違えてしまうんです。

やっぱり「部分練習」をしてほしいんですよね。

だけど、本人にしてみれば、部分練習は気持ち悪いことのよう。

「曲の流れをつかんでいるところなのに、ここだけ弾くなんて・・」という感じでしょうか。

自分が何を弾いているかの意識化が大事

始めから弾いて間違えたところを直そうというのは、手癖で覚えてしまおう、ということです。

手癖で弾くことは、暗譜をしなければいけない曲では大変危険。万が一忘れてしまった時に、立ち直れなくなります。

それに、手癖で覚えようとするのは、この曲のメロディーのまとまりや全体の構成を考えていないということです。

でも、実際に弾いている子どもたちからしたら、「曲をよく知らないから、始めから弾かないとわかんなくなっちゃう」ということなのでしょう。

では、どうすればいいのでしょう。

私は、この二つが大事かな、と思いいたりました。

  • 初めからフレーズや曲の構成を意識する
  • 弾く前に、うたうなどしてしっかり曲を知る

上達してくれば、ごく自然に同時進行で行っていけることですが、そこに至るまでは、一つ一つしっかり行っていく必要があると思います。

要するに、自分が何をやっているのかということを、しっかり認識できるように促していくことが大事かな、ということ。

わりと小さな子に起きやすい「間違えたら始めから弾きなおす」現象。

「自分」という認識がまだまだ未熟だからこそ起きることであるように思います。

間違えた、じゃぁ始めから。ひたすら弾いて手に覚えさせる。

やっていることを、自分でしっかり認識していない。ただただ弾いている。

これでは練習にあまり意味がありません。効率が悪いですよね。

自分が今やっているのはこんな曲。こういうメロディーで、ここまでがワンフレーズで、ここからこういう新しいメロディーが出てきて・・・

こんなこと一つ一つを意識的に行っていくこと。

発達心理学でいうところの「メタ認知」を刺激するような働きかけが、重要ポイントかも、と考えています。

 

コメント