ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

「自分の弾きたい曲を弾く」も大賛成!でもいろんな曲があることを知ってほしい

レッスンのこだわり
スポンサーリンク

「音楽室ゆう」では、10月~12月にかけて、みなさんにクリスマスの曲に取り組んでもらいます。

そろそろ、みなさんに提案する曲の選定に入らなければいけません。

どうやって曲を決める?

「音楽室ゆう」での曲の決め方は・・

私からのお勧め曲としていくつか選んだものを、CDに録音して聴いてもらいます。

それに、自分がもともと弾きたいと思っていた曲を加えた中から、好きなものを選んでもらいます。

発表会の曲を決めるときも、その方法をとっています。

自分がもともと弾きたかった曲に決める子もいますし、私のお勧め曲の中から選ぶ子もいます。

いろんな曲を知ってもらうために

私からのお勧め曲は、私自身が弾いたものをCDに録音して、子どもたちに渡します。

次のレッスンまでに聴いて決めてきてね、と宿題にしています。

以前は、私からのおすすめ曲は、「こんな感じ・・」と触りの部分のみ弾いて、それだけで判断してもらっていました。

でも、それでは曲が分からない。子どもたちもじっくりと考えることができず、なんとなくで決めている様子。

それではなぁ・・・

曲をきちんと聴いて、ゆっくり考えてもらおう、ということで、CDに入れて渡すことにしました。

 

そして、その方法をとっている最大の理由は、子どもたちにいろんな曲を知ってもらいたい、ということです。

子どもたちは、生きてきた年数から考えても曲をあまり知りません。

弾きたい曲を自分だけで決めると、どうしても、知ってる曲、よく聴く曲に偏りがち。

こんな曲、あんな曲・・世の中にはいろんな曲があるよ、ということを知ってほしい。

その上で決めてほしい。選曲の幅を広げたい。

そのために、一曲すべて録音して、じっくり聴いて決める、ということをしています。

 

曲選びは楽しいもの

昨年も、クリスマスの時期にはクリスマスの曲に取り組んでもらいました。

当然その時よりは弾けるようになっている子どもたちです。

クリスマスの曲は、クラシック曲よりはポピュラー曲になりがちです。

アレンジの仕方で曲の雰囲気がガラッと変わる、という経験もしてほしいな。

去年は無理だなぁと思った、少し複雑なアレンジのものも紹介したい。

子どもたちはあまり知らないだろうけれど、こんな素敵な曲もあるんだよ、というようなものも。

あれこれ悩みながらも、ひとりひとりの顔を思い浮かべて楽しく選曲作業をしています。

 

コメント