ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

初心者向けピアノ楽譜『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集2』を弾いてみました

おすすめ楽譜
スポンサーリンク

 

以前「【ピアノ初心者向け】おすすめの楽譜『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集』という記事で内容を紹介した『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集』の第2巻を弾いてみました。

全曲ではなく、8曲のみです。難易度別に4つに分けられている中からそれぞれ2曲ずつ、計8曲です。

選曲基準は・・・やっぱり好みかな。あまりいろいろ考えて選んではいません。

参考にしていただければ・・

『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集』第2巻の難易度は?

『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集』は全2巻。バイエル程度の難易度で、2巻にわたっているということですね

この第2巻の難易度は、

  • バイエル70番~終了くらい

ということです。

バイエルは106番までなので終わりの方ですね。

後ろへ行くほど多少は難しくはなっていると思いますが、全体的に難易度の差は1巻ほど大きくはありません。

第1巻の終わりの曲をそれほど苦労なく弾けるのであれば、第2巻も「難しすぎる~」ということなく弾いていけるのではないでしょうか。

〔バイエル70~80番ぐらい〕

この章は全部で8曲です。

次の2曲を弾いてみました。

「愛のよろこび」

1番はじめに載っている曲です。

愛のよろこび(マルティーニ)『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集2』より

この曲は、以前の記事「クラシック曲大好きなピアノ初心者に弾いてほしいお勧めのピアノ楽譜5選」の中でご紹介した『大人のためのピアノ曲集〈クラシック編-1〉』の1番最初にも載せられています。

動画記事はこちら⇩です。

 

ただ、冒頭のメロディーのみで正直言って尻切れトンボ状態です。かなり簡単に弾きやすくなっているので。

でもこちらは、続きのメロディーも入っていてそれなりの長さになっています。これなら自分の楽しみだけではなく発表会などでもよいのではないでしょうか。

「ロミオとジュリエット」

次は、「ロミオとジュリエット」。この章の1番最後です。

ロミオとジュリエット(ロータ)『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集2』より

映画「ロミオとジュリエット」のテーマですね。

楽譜には「slowly(ゆっくりと)」とあります。

甘く切ないメロディーをゆったりと気持ちを込めて弾きたいですね。

 

スポンサーリンク

 

〔バイエル80~90番ぐらい〕

こちらは全部で9曲あります。

その中から次の2曲にしました。

「さらばジャマイカ」

1曲目は「さらばジャマイカ」。4曲目にあります。

さらばジャマイカ(西インド諸島民謡)『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集2』より

良く知られた曲ですよね。西インド諸島民謡ということです。

NHKの「みんなのうた」でも流れていたようで、私が知っているのはだからかな。

楽譜には「Calypso(リズミカルに)」とあります。

Calypsoって何?と思って調べてみたら・・

カリプソ(Calypso)は、20世紀に始まったカリブ海の音楽のスタイルのひとつである。イギリス領、フランス領のカリブの島々、特にトリニダード・トバゴのカーニバルで発達した音楽のジャンルである。リズムは4分の2拍子。カリブ圏内においては最も波及した音楽の一つであり、レゲエのルーツの一つであるとも言われている。

引用元:ウィキペディア「カリプソ(音楽)」より

「カリプソ」のリズムはこちら⇩だそうです。

 ウィキペディア「カリプソ(音楽)」より

こちらの楽譜は4/4拍子で書かれています。

「リズミカルに」と書かれてはいますが、南国ののんびりゆったりしたイメージで弾いた方が雰囲気が出るんじゃないかな。

「カリプソ」を世界的に知られるものにしたといわれるハリー・べラフォンテによる演奏も、そんな感じかなと思います。

ちなみに、この「バイエル80~90番ぐらい」では、なぜか南国の曲が多いです。

他に、オーストラリア民謡「ワルツィング・マチルダ」や「アロハ・オエ」も入っています。

「風の丘」

2曲目は、ジブリアニメ「魔女の宅急便」の「風の丘」です。

8曲目にあります。

風の丘(魔女の宅急便より)(久石譲)『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集2』より

言わずと知れた、久石譲さん作曲ですね。

この曲集には、他に

  • さんぽ(となりのトトロ)
  • 君をのせて(天空の城ラピュタ)
  • 遠い日々(風の谷のナウシカ)

も入っています。

「遠い日々」はこの章。上の2曲は〔バイエル70~80番ぐらい〕にあります。

楽譜には「Moderately(おちついて)」とあります。慌てず、後半は特に流れるようなイメージを持って弾くといいのではないでしょうか。「風」ですし。

〔バイエル90~100番ぐらい〕

この章は全部で8曲。次の2曲にしました。

「サウンド・オブ・ミュージック」

はじめは「サウンド・オブ・ミュージック」。4曲目です。

サウンド・オブ・ミュージック(ロジャーズ)『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集2』より

「ドレミの歌」や「エーデルワイス」が有名なミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」のテーマですね。

う~ん・・このアレンジではあの雄大な景色をバックに歌われるイメージが・・ちょっと・・

うまく弾けなかったな~

ちなみに私が一番好きな「サウンド・オブ・ミュージック」の曲は「すべての山に登れ」です。あとは「私のお気に入り」かな。

「いつか夢で」

2曲目は「いつか夢で」。ディズニーアニメ「眠れる森の美女」ですね。

この章の最後の曲です。

いつか夢で(眠れる森の美女より)(フェイン&ローレンス)『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集2』より

王子様とダンスするシーンの曲なんですよね。もう少し軽やかに弾けるといいのかな‥と思います。

楽譜には、はじめの部分は「Slowly(ゆっくりと)」。そして、ワルツのリズムに入るところから「Waltz Tempo(ワルツのテンポで)」と書かれています。

もう少し差をつけた方がよかったかも。

 

スポンサーリンク

 

〔バイエル終わりぐらい〕

最後の章に入ります。こちらも全部で8曲。

次の2曲を選びました。

「星に願いを」

まずは「星に願いを」。曲集には記載がないですが、ディズニーアニメ「ピノキオ」の曲ですね。

4曲目に入っています。

星に願いを(ハーライン)『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集2』より

楽譜には、「slowly,with expression(ゆっくりと、きもちをこめて)」とあります。

原曲はゆったりと流れるような演奏です。なので、これではちょっと速いかもしれません。

「ムーン・リバー」

2曲目は「ムーン・リバー」。5曲目にあります。

こちらも記載はないですが、映画「ティファニーで朝食を」のテーマですね。

ムーン・リバー(マンシーニ)『バイエル併用ポピュラー・ピアノ曲集2』より

原曲はとってもゆったりした感じ。楽譜にも「Medium Slow Tempo(ゆったりと)」と書かれています。

以前別のアレンジのものを弾いたことがありますが、自分が気持ちよく弾こうと思うとすごく速くなって、別の曲か!?という感じになってしまったことがあります。

このアレンジだとゆったりしたイメージが持てます。悪い意味じゃなく、音が少ないからかな。(以前弾いたものはアルペジオだらけの派手なアレンジだった・・)

原曲も音は少なくシンプルですよね。

音が多いとそれなりに難易度は上がり、派手な感じになる。

でも、それがいいってわけではないですね。

いろんな曲を楽しんで

第1巻同様、民謡からディズニーやジブリのアニメ、往年の名作映画のテーマ、そして、クラシック曲まで・・様々なジャンルの音楽がまとめられています。

第1巻より少し難しくなり、その分弾きごたえ聴きごたえのあるアレンジになっていると思います。

いろいろと弾いて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

コメント