ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

障碍を持つ子の過度な集中に注意 適度な息抜きで程よい集中を

レッスン風景
スポンサーリンク

発達障害を持つ子で、とても集中力のある子がいます。

レッスンはとてもしやすいのですが、疲れてしまわないかと心配になります。

 

過度な集中になりがち

小さな子は、あまり集中が続きません。頭の中に次々浮かぶいろんなことにどんどん興味が移っていって、落ち着きません。

今自分がやるべきこと、なんて、まわりの人に外側から指摘されて、初めて立ち止まって考えて気が付く。

それが普通。まだ、自分自身について考える、ということが、発達上難しい時期なので。

年齢が上がってくると、集中力がついてきますよね。自分の内面を見つめて、自制することができるようになってくるから。

発達障害を持つ子も同じですよね。年齢が上がってくると、集中力がついてきます(障碍の特性にもよりますが)。

一方で、必要以上に集中してしまっているのじゃないか、と思うことがあります。

こちらの言ったことをすぐにやり、集中しているのでできるようにもなり、とてもレッスンは進めやすいです。

でも、”あそび”がない、というか、フッと息を抜く間もなく、気が付くと何度も弾かせてしまっている。

そういうことが起こります。

「てきとうに」が難しい

小さなころは、疲れてくると気の向くままに違う曲を弾いてみたり、遊び弾きをしてみたりして、それがいい息抜きになっていました。

でも、今やるべきこと、が分かって集中できるようになると、ひたすらやってしまう。「てきとうに」やるということが難しいようです。

すると、当然疲れてきてしまって、今までできたことができなくなってしまい、そうなるとやっぱり悲しいし悔しいと気持ちにもなります。

ピアノ辛い・・ということにも。

悪循環ですよね。

今どんな状態か。過度な集中になっていないか。その辺りをきちんと見極めなければいけないと思います。

なかなか難しいな、と感じていますが。

 

意識的にブレイクタイムを

過度な集中になってしまっていると感じたときには、

  • 意識的におしゃべりを入れる
  • 他の曲やワークをする
  • 見本演奏を聴いてもらう

などなど、今やっていることを少し離れて、気分転換を図るようにします。

そして、「もう少しやる?そろそろやめる?」と、本人に訊いてみたりもします。

そうすると、はぁ疲れた・・と本人も気づくこともあります。

まだやる!ということなら様子を見つつ続け、やめるということなら、これで終わりにします。

疲れていたことに気付くことでホッと一息入れられ、それでまた復活する場合もありますね。

30分という短いレッスン時間でも同じこと。あと少しだからがんばろう!なんて、やらせてしまうこともあり、注意しなくては、と思います。

よーく様子を見て、早めに終わるという決断も必要だなと感じます。

 

先日、注意していたつもりだったけれど実は疲れていた・・ということがありました。

程よい集中を保って、力を引きだすようなレッスンが理想、と思っています。

 

コメント