ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

発表会後のレッスン内容を生徒たちと確認

ある日の出来事
スポンサーリンク

今回の発表会は、お盆休み近くに日程を組んだため、発表会後となる来週もいつも通りレッスン。

今週は、レッスンに来ている子どもたちと来週からのレッスン内容について確認をしています。

 

お休みしていたことを再開します

発表会までは、発表会で演奏する曲のレッスン中心になります。なので、ワークや「音符読み」などはお休み。

発表会が終わったら、再開させます。

それと、発表会で弾く曲は普段使っているテキストの中から決めることはほとんどなく、発表会用の曲集など別の様々な楽譜から選びます。

そのため、テキストも発表会が終わるまでは休止。終了後に再開です。

唯一続けているのは、テクニックのテキスト。レッスンでは、これでまず指を動かしてから曲の練習に入っていました。

3か月前のこと忘れてる!?

発表会の曲の練習には、最低3か月かけます。なので、発表会後普段のレッスンに戻るには、3か月前のことを思い出さなくてはいけません。

レッスン内容は記録してあるので、それを開いてみればいいのですが、そう単純なものでもなく・・・

テキスト変えるんだったっけ?それとも・・・

使用していたテキストが終わりに近づいていた子。

新しいテキストに移るんだったけ?それともあと1曲やるんだったっけ?

分からなくなってしまいました。記録ノートにも記載が見つからない。

この子の場合、前から順番に進めてきたのではなく、レッスンする曲を選んでもらっていたので、こういうことになってしまったんです。

それと、似たような状況の子がもう一人いて、ごっちゃになってしまっていました。

本人に確認すると、本人も「どうだっけ?」という感じ。

私も記憶をたどり、「最後にもう1曲やるんだったよね」ということになりました。

その後、再度記録ノートを見ていると、なんと、「〇〇(テキスト名)終了!」のメモ書きを発見!

この子には、来週改めて話をしなくちゃ。ごめんね・・です。

ちゃんと記録はしてあった。でも、読み返してわかんないようじゃダメですね。

意味ないじゃん。反省です。

テキストのことだけじゃなく・・・

テキストをどうするか、ということだけではなく、ワークにしても「音符読み」にしても、何のためにやっていたのかを時計を後戻りさせて確かめなければいけません。

同じことをしていても、子どもたちそれぞれ課題となるものが違うので。

「そうそう、この子は〇〇が苦手。だから△△に注意しなくちゃ。」

といった具合です。

たった3か月前のことなのに。老いてきた頭を一生懸命使って、思い起こしています。

 

コメント